<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
コウモリフェスティバル 

 台風19号が日本列島を直撃しようとしている10月12日午後、三瓶自然館サヒメルでコウモリの集会が開催されました。会場入口付近には、コウモリに関する本が展示即売されており、子供向けの本をふくめ何と50冊近くの本が並んでいることにビックリしました。ちなみに大田市の図書館にはコウモリの本は1冊しかありません。

 集会には母親に連れてこられた子供たちの姿も多く、コウモリって結構子供たちに人気なんですね。そういえば、市内の小中学生の大久保間歩見学では、コウモリがバタバタと飛び回ると、子供たちは驚いたり喜んだりガイドの話はほとんど聞いていない状態になります。

お話しによると、香港のアマガサ運動ほど知られていませんが、コウモリの研究者やコウモリファンからなる会員数が300名を超える「コウモリの会」という全国組織があり、絶滅が危惧されているコウモリが安心して住める自然環境を取り戻す運動をしているそうです。この会のメンバーにより毎年全国のどこかで“コウモリフェスティバル”を開催しているということでした。今年は三瓶が会場になり、中国地方5県の方から、それぞれの県のコウモリの事情を興味深く聞くことができました。

島根県からは「石見銀山で暮らすコウモリたちとそのおもしろい生態」という演題で、三瓶自然館の安藤学芸員による発表がありました。大久保間歩に棲んでいる5種類のコウモリの生息数は、三瓶自然館のスタッフによって大久保間歩公開以前から毎年調査されています。ここでは、それぞれの種の個体群の動態を環境温度の違いなどの要因をからめ時系列的に解析しておられました。現在実施されている12月〜2月を除く金、土、日、祭日の公開によってコウモリの生息環境がとくに乱されていることは無いという発表でした。また、大久保間歩には時に撮影装置が設置されていますが、なんとテングコウモリの交尾の瞬間をとらえた貴重な動画を見ることができました。ガイド例会の研修会には、是非安藤学芸員をお呼びして、その辺の「おもしろい生態」のお話しを詳しくお聞きしたらと思いました(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 01:41 | comments(1) | trackbacks(0) |
楽しい山登り

 若者から高齢者に至るまで山登りがブームとなっています。山を歩いていると女性の高齢者グループにもよく出会います。

 10月、秋の紅葉をめぐる最高の季節を迎えました。

 石見銀山ガイドの会では、三瓶山の登頂コースを初め、その周辺の山の中を歩くトレッキングの山ガイドを行っています。

 

 太平山から周辺の三瓶山(孫・子・男三瓶山)を望んでいます。三瓶山は6つの峰が囲むカルデラを成しています。

 

 山登りは、平地を歩くのと違い上り坂を行きます。

 特に急登になると息が切れます。仲間の一人から「ツライですよ〜。息が上がります!」と、時折そんな声もしてきます。そんな時は、やっぱりツライですよね。ツライときは正直にツライって言いましょう。と声を掛けています。

 嬉しいも苦しいも皆で分かち合える、それが力になるからです。共感する仲間がいることはいいことです。

「ツライって認めたら少し楽になりました。」そんな声も聞こえてきます。

 観光の山登りは、こころも体も開放しながら歩くことが楽しい登山につながります。修行僧のように、ただモクモクと耐えて歩く登り方はお勧めできません。

 

 昨年秋の「太平山」の山頂の様子です。太平山も三瓶山の尾根のひとつです。

 

 来る19日の土曜日に、島根半島・三瓶山ファムトリップの皆さまを、三瓶山の太平山までご案内する予定になっています。登山口の約580mの高さから、太平山の山頂854mの比高約274mを登って下ります。

 

      三瓶山に咲くリンドウです。

 

 3年前の三瓶山の遊歩道でカメラに納まった「ホンドキツネ」です。

 

 三瓶山は独立峰の山で動植物が豊富です。今回は女性のお客さまが多いので、時間があれば、簡単な山野草のご案内もしてみたいと思っています。

 三瓶の紅葉も空気も楽しさも、このすべてをこころに焼き付けて頂きたいです。紅葉は、まだ見頃ではないようですが、当日は秋晴れになるといいなと思います。  

                   文 責(T)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年最後のねこぶらり

台風19号の被災者のみなさんに心よりお見舞い申し上げます。

台風のため航空便の欠航が相次ぎ、そのため帰れなくなったのでと、来訪される方もたくさんおられました。筆者もそういう方々をご案内しましたが、中には、今自分の家の近くの川が氾濫して家族は避難所へ向かったとスマートホンの画像を見せられた方もありました。

 

 

さて本題です。

昨日(14日)、今年最後の「ねこぶらり」がありました。

7月15日から始まり、9月23日は台風のため中止になりましたが、4回実施されました。

「しまねっこ」ファンのみなさんにも毎回たくさん参加していただき、4回で113人の方に楽しんでいただきました。

1回あたり28人ということで、いつもの2.5倍以上の参加者ということになり、「しまねっこ」の人気の高さを改めて知りました。

サイン会をしたり記念撮影に応じたり大活躍の「しまねっこ」を見て「らとちゃん」にも来てほしいなという声が毎回上がっていました。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
サツマイモの季節

   秋の深まりとともに焼き芋が美味しい時季となりましたね。12日付ブログにて、石見銀山資料館発行の「お江戸のさつまいもレシピ」が発行の紹介がありましたね。料理法はともあれ、我が家の畑ではサツマイモの収穫時期を迎えて先日、収穫しました。昨年は日照りの影響でほとんど収穫できませんでした。今年は、猛暑による畑焼けに注意し対策を講じた結果、形のよいサツマイモが収穫できました。さつまいも栽培には肥料はいらないといいますが、必要最小限に肥料は入れます。それ以上に水対策には万全を期して管理した結果、いいサツマイモが収穫できました。

 井戸公に収穫できたことに感謝しつつ11月3日の秋の例大祭に奉納したいです。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
さつまいもレシピ

「お江戸の さつまいうもレシピ 100選」という本が石見銀山資料館から出版されました。

江戸時代に出された「甘藷百珍」というさつまいものレシピ本をもとにしたとのことです。

 

 

自分にできるものはないかざっと目を通してみましたが、筆者の手におえるものはすくなかったです。

サツマイモをすりおろしたり、スライスにする調理法がたくさんあって驚きました。

調味料も、みそ、こしょう、うどん粉、アサクサノリ、ウコン、氷砂糖など、筆者の思い浮かばないものもありました。

読者のみなさんも挑戦して見られてはいかがでしょうか。

お問い合わせは石見銀山資料館(電話:0854−89−0846)まで。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 11:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
赤名の瀬戸山城跡など探訪

   赤名地域まちづくり連絡会主催「銀山街道ウオーキング」Bコース戦国武将たちの息吹を感じる「赤穴瀬戸山城跡・武名ケ平山登山コース」に参加。1班から5班に分かれ約100名?に分かれ目的地に向かって午前9時半スタートしました。天気にも恵まれ、暑くもないさわやかな日和の中で標高724mの武名ケ平山を目指しました。実は、お世話いただいている方が、2019銀山街道ウオークに毎回参加されていて、全行程に予約されているんですね。この期待に応えねばということで仲間のガイドを誘って申し込みました。当日参加してみると、当会から2人の参加もあって嬉しく思いました。山は歩きなれているといっても中々きびしいルートでしたね。私にとっては久しぶりの踏破です。新たに整備された約60段の階段はつらかったかな。でも「よくぞ整備されたな」と思い関係者に頭が下がりました。大田市の銀山街道にもこのような姿があればいいですね。参加者は地元よりも町外の方が多く、遠くは関東からの参加もありました。そして驚くなかれ、このウオークで久しぶりに再会の方もありました。当会が主催した健康ウオークに参加されたお客様で、よくぞ覚えてくれていて声をかけて下さいました。このような再会もあって、楽しい秋のよき1日を過ごさせていただきました。

いーにゃんも参加

瀬戸山城跡登山道入り口

よく整備された道

武名ケ平城跡目指して・・・

厳しい階段もありました。間伐材を利用して

よく整備してありました。また、サインも素晴らしかった。

ガイド事務所横にありますよね。

瀬戸山城跡から赤名の町を望む、三瓶もチラッと、

大江高山も見えます。

全員で記念写真

 

 冒頭の挨拶の中で飯南町山崎町長は銀山街道は3度の日本遺産認定に挑戦したが私の努力が足りないとおっしゃった。再度の挑戦を目指すともおっしゃった。山崎町長の責任ではない。このようなイベントを各エリアで開催することで銀山街道の果たした役割をストーリー性をもたせ存在感をもつことが大切と思います。そして街道の保全活動など積極的に進めることで銀山街道のもつ価値を世間に知らせることが大切なんですよ。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
石見銀山ウォーク沖泊コース 13日です

  台風19号は山陰地方を逸れて北上の予報で、今週末13日(日)のガイドの会主催の『石見銀山ウォーク沖泊コース』は、無事催行できる予定です。新規参加の方、リピーターの方、13名のお申し込みです。(お申し込みは締め切らせていただきました)

 

 

 

 ガイド担当者を中心にコースの下見、安全点検を入念にして準備しています。台風の余波がなく無事に催行できて、銀を温泉津の港まで運んだ沖泊コースを楽しんでいただけるよう願っています。

 

 

 9日の夕方4時前の銀山公園駐車場の様子です。団体のお客様がまだ銀山を散策しておられ、お迎えのバスが待機しています。個人のお客様もまだまだ歩いておられて駐車の車も多いです。 

 

 

 のんびりと銀山を楽しんでいただけているようでとても嬉しく思いました。10月に入ってグッと涼しくなりました。紅葉にはまだ少し早いですが、爽やかな空気を吸いながら銀山散策を楽しんで下さい。

 

              (М)

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
方言がつなぐ庄内地方

 先日、庄内地方(山形県北西部)から来られたバスツァーのお客さまを、龍源寺間歩コースでご案内しました。

その中に、男性のお客さまでしたが、石見地方に大変興味を持たれた方がおられました。

 坑内の「ひ押し掘り跡」を下から見学して頂くために、

「しゃがんで下さい」と、うっかり、石見弁を使ってご案内しました。「しゃがんで」は「中腰で座って」の意味の石見方言です。その方は、山形県でもよく使われる言い方ですよ。とおっしゃっていました。

 その他にも、山形県に石見と似通った方言はあるようです。

 

 江戸時代の後期19世紀になると、石見の東部地方の海岸部では廻船業が盛んになりました。

 

 上の写真は、大田市・和江の港(浦)ですが、かつて、ここに廻船(北前船)が往来する廻船基地がありました。

 

 

 保有船の数の多い港(浦)として、大田市内の久手浦、鳥井浦、和江浦、宅野浦、神子路浦、温泉津浦の6カ浦が、寛政3年(1792年)の廻船問屋の文書から確認できます。当時の石見地方・大田市の海岸部には、多くの主要廻船基地が実在したことになります。

 その廻船業者の活動範囲は、100石積船(約15トン)以上では、庄内地方や新潟などの比較的遠隔地での操業でした。

 

 文書によると、庄内地方や新潟から石見に移入された物資は、米が最も多く、その他は塩や塩相物などで、対する石見からの移出品は銑鉄や瓦となっています。

 当時の石見の商人は、銑鉄を元手に庄内地方の米を買い入れて、石見に持ち帰り販売していました。米の生産量が豊富な庄内地方の米価は安く、石見地方は庄内に比べて高価でした。

 その販売価格の差額で高収入を得ていたことが、廻船問屋の文書でも確認できます。

         (昨年の大田市歴史講座の資料より)

 

 日本海側が日本の表玄関だった江戸時代、物流を通して、盛んに石見と庄内の人々は往来し交流していました。

 石見地方と庄内地方の方言に、似たところがあるのは、かつて、人の交流が盛んだった証しかも知れません。

                  文 責(T)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
大久保間歩研修

昨日(7日)、大久保間歩ツアー担当ガイドの研修を行いました。

講師は、石見銀山課課長補佐の中田さんで、石見銀山世界遺産センターの山下マネージャー、石見観光大田営業所の和田所長も同行されました。

今年、大久保間歩の坑道の中で明治期に使われたトロッコのレールのを留めたドッグスパイク(犬釘)が、発見されました。

 

 

ドイツ製ではないかと言われるドッグスパイクが、枕木に打ち付けられたまま現存しているのは、大久保間歩しかなく、日本推薦産業遺産に認定されました。

これをどのよどのようにガイドするかをはじめとして、大久保間歩の魅力をどのように伝えるか、お互いがどのように案内しているかの交流や疑問に思うことなどを出し合い、中田さんにもたくさん教えていただきました。

 

 

10人のガイドが参加しました。

新たに知ることもあり、有意義な研修となりました。

 

後ろからライトを当てるときれいに見えるところ。

 

登山道横に三体の仏像も発見。(真中は倒れています)

今後のガイドにいかせたらと思いました。(A)

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
町並みガイド 銀山公園スタートが10月限定で実施中

  ワンコインガイド「町並地区」の案内は代官所スタートで実施されていましたが、銀山公園からスタートの要望に応えるための検証が実施されています。10月限定で現在、町並み地区ガイドは銀山公園からがスタートしています。銀山公園においでになった際、ガイドの会事務所にてご案内しています。ぜひお立ち寄りください。

 

広島県の知人から、町並み地区の写真がほしいと連絡があったことを思い出し、天気に恵まれた5日土曜日、丁度10時半ワンコインガイドでガイドが案内されている様子に出会い、声をかけさせていただき写真を撮らせていただきました。

大森代官所跡(現在の石見銀山資料館)

重要文化財「熊谷家住宅」前で

大森郵便局周辺

みはらしの良い観世音寺へ

観世音寺境内

赤瓦の景観

 

お客様は大阪からの2組のご夫婦で、ガイドの説明を真剣に聞き和やかな雰囲気の中で会話も進んでいました。許しをいただいて写真を撮らせていただき、さらに筆者は観世音寺からの写真撮影のため移動。ちょうど西性寺あたりでガイド中で少し待機して郵便局前より観世音寺まで同行させていただいて写真を撮らせていただきました。観世音寺からの赤瓦の景観には関心しきりでした。銀山公園出発のお客様は数人の方に声をおかけになったようですがお客様は無で残念でしたね。

 

石見銀山来訪時、当会のガイドと一緒に町並みを歩いていただき、石見銀山町並み地区の暮らし、景観などの魅力を再発見してほしいです。町並み地区ガイドは、10月一杯限定で、代官所前及び銀山公園からの2つの出発が可能です。お客様の利便性を配慮しています。時間はいずれも10時半のみです。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/246PAGES | >>