<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
定期総会で新年度事業計画及び予算決まる。

2月21日当会定期総会が43名の会員が出席して行われました。

総会には来賓として大田市から観光振興課下垣課長と石見銀山課遠藤課長が出席、「日頃ガイドの会の皆様には、大変お世話になっている。」とあいさつ。大田市観光協会有田専務理事からは、平素は職員並びにガイド等で大変お世話になっている。そして「次へつながる1年であった」とお礼のあいさつをいただきました。

大田市観光振興課下垣課長より挨拶いただきました。

松島議長の上手いリードで進行しました。

 

  議長には松島さんを指名、平成29年度事業計画、決算、監査報告が一括提案される手順で進められました。事業報告については、会長より活動の振り返りという形で全体的に基本的目標、具体的取組、重点目標に沿い活動できたと提案。具体的にはおもてなしの心をもって多くのお客様に楽しく、満足していただけるガイドができた。石見銀山10周年記念事業を成功させるため取り組んだ。また今年度、小中学生は無料としたことなど具体的な活動が提案 。

  決算報告では、\亳銀山世界遺産登録10周年効果。6月頃よりお客様が大幅に増加。B腟彿欖嵎睚\仂豸開効果。げ餔の熱心なガイド活動によるガイド件数増、ぅ瓮妊アによる当会のPRが目立つ1年でもあったことなど良い成績で決算ができたと報告。そして監査報告後、会員から例年にない熱心な質問が出されるも議長のリードで提案された議案を承認していただきました。続いて、平成30年事業計画案、予算案についても議論が集中しました。総会は近年にない質疑が集中されたことはよかったです。このように議論された内容が当会の運営に生かされるよう会員の皆様には益々の奮起をお願いしたいです。

 

  石見銀山を取り巻く環境は厳しいですが、有田専務理事からあいさつの中で、島根へ富士ドリームラインによる仙台便、静岡便の就航、大手観光会社による石見銀山への企画、JRによるキャンペーン、農協観光によるキャンペーン、外国船の入港など明るい情報の提供もいただきました。このように関係機関が連携して多くの誘客を誘い大田市が元気になっていくことを期待したいです。

 

最後に、2月19日のブログで筆者、最後との挨拶コメントいたしました。撤回してお詫び申し上げます。(S)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
春はすぐそこまで

 まだまだ寒いですが、それでも少しずつ春めいてきたのを感じます。銀山公園の梅も咲き出しました。

 

    汝が愛でし 紅梅バラ科 サクラ属 」 富士真奈美

 

 

  一昨日、熊谷家の式台玄関に雛飾りが飾り付けられました。熊谷家に代々伝わり飾られてきたものです。

 

 

 3月3日の桃の節句には雛飾り、5月5日のこどもの日には武者飾り…… と 季節ごとに家のしつらいや玄関飾りを変えておられます。他にも町並み交流センターや河島家住宅など何軒かで雛飾りが飾られています。健やかに幸せに育ちますように……と願う親御さんの思いがこもった雛飾り、歴史ある大森らしい美しく豪華な雛飾りを見ながら町並みを歩かれてはいかがでしょうか。春はもうすぐそこまで来ています。

               (М)

| ガイドつれづれ日誌 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
お知らせ1件! 鞆ヶ浦道フィールドワーク

 大田市内五つの公民館では、「石見銀山争奪の歴史」をテーマにした講座が開催されています。来る3月4日には「上野・乙見千軒と鞆ヶ浦を結ぶ銀山街道」と題した講座が、仁摩公民館担当で開催される予定です。

 先日、その開催予定地の下見に出かけました。

 

 上野・乙見千軒と言われた当時の町並みは、戦国時代に銀を運んだ街道・鞆ヶ浦道(L=8.2km)のほぼ中央に位置した場所にあります。

 この上野・乙見千軒跡は、銀鉱石や灰吹銀を石見銀山から積出し港まで運び、或いは港から生活物資を運び入れるために使った牛馬の入替えや、街道の休憩地でもあったようです。

 

 現場では、当時の集落の石垣跡や町を形成した土台の痕跡が確認できました。今回のフィールドワークの下見は、新発見などあり意味のあるものでした。

 

 鞆ヶ浦道沿いの上野千軒跡から眺める銀の山・仙ノ山(後方)と山吹城の城跡が残る要害山(手前)です。

 

 鞆ヶ浦道の口屋峠(口番所跡)から見える大田市の国立公園・三瓶山です。

 戦国時代の全盛、銀を運んだ人々が、これらの山々を背景に、街道を下った往時が思い浮かばれます。

 

 講座は下記の要領で開催されます。

 皆さま、ふるってご参加下さい。  文 責(T)

 

 講座名:フィールドワーク 

     上野・乙見千軒と鞆ヶ浦を結ぶ銀山街道

 

 日 時:平成30年3月4日(日)

     8時30分〜12時30分

 

 ガイド講師:和上豊子氏 松浦良彦氏

 

 担当公民館:仁摩公民館 

       TEL・FAX 0854−88−3081

 集合場所 :大国まちづくりセンター

 

 参加対象 :どなたでも  受講料:無料

 

 募集期間 :講座開催前々日まで

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
クイズ

今日のクイズです。

銀山公園で撮った上の写真の中に隠れているものは何でしょう?

4~5日前に撮ったのですが、難問でしょう。

正解は、鶯です。

銀山公園で今年初めて鶯を見たので、写真におさめようと努力しましたが、姿を写せませんでした。でもこの木の中にいるのです。

鶯は古くから春告鳥と呼ばれていて、初めて鳴いた日を「ウグイスの初鳴日」として、季節観測の指標とされています。

昔は、その鳴き声が「ウー、グイス」と聞こえたところからついた名前だという説もあります。

余談ながら、江戸時代京都の公家さんが江戸住まいとなり、江戸のウグイスはなまっていると京都から数千羽のウグイスを取り寄せ、以後、鳴き声がかわったという話も残されています。

大雪に悩まされましたが、本格的春もすぐそこまで来ています。

 日一日針の寒さの剥がれゆく(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀山通信4年間担当してきて・・・・

 石見銀山ガイドの会情報発信のツールとして「銀山通信」を平成14年3月より4年、指定された曜日を担当してきました。銀山通信の役目は石見銀山の情報、話題、天気情報など石見銀山に訪れるお客様への有用な情報を提供し少しでもお役に立てることと思っています。現在、5人体制でそれぞれが指定された曜日を担当し毎日情報更新に努めています。

 3年間の中で苦労してきたことは、みなさんにどのような情報を提供すればよいのかでした。この間、ガイドした中からの話題、石見銀山に関する講演、大森界隈のできごと、石見銀山にまつわる広域情報などや冬季の道路情報など季節毎の話題など数えきれません。もちろん筆者の話題も提供させていただきました。担当するみなさんもいかに話題を提供するか苦心される毎日でしたでしょう。

 このように銀山通信は、多くの石見銀山ファンの期待に応えるべく、その役目は果たしてきたと思っています。その証拠にアクセス件数が大幅に増えてきていることは、とても喜ばしいことですね。投稿した内容は筆者の場合、数日前から記事を模索します。繁忙期には事務所へ行く機会も増えます。すなわち話題とする記事も多いです。冬の時期はなかなか記事を選ぶに苦労します。したがって趣味や我が町の話題なども取り入れました。このことで読者の方から苦言などもいただきました。毎日、更新する条件の中ではこういうこともあってもよいとご理解いただきたいです。

 

最後に、昨年、石見銀山10周年を迎え多くのお客様が来訪されました。龍源寺間歩入込数は10万人を超えました。新しい目玉として健康ウオークも実施しました。このようにお客様の期待に応える新しい事業の実施も求められています。

 しかし、2月16日の銀山通信にも投稿しましたが、石見銀山遺跡は昨年、世界遺産登録10周年を迎えました。いまだからこそ景観など改善が必要な場所が多くあります。お客様に「魅力ある石見銀山」を紹介したいです。批判ではありませんが、要望として大田市の担当課の皆様、毎日現場に足を運び検証し、現場を担当するガイドの会など関係者の皆さんと話し合いをしてほしいですね。きっといい知恵がでますよ。

 

2月21日当会総会が開催され新しい担当に交代いたします。筆者、3年間銀山通信を通じて多くの話題を提供してきました。

ありがとうございました。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀メダル

羽生選手の金メダルよかったです。おめでとうございます。

宇野選手の銀メダルもよかったです。

金と銀のメダルの違いは何か気になって、過去のメダルについて調べてみました。

 

成分

金メダル:銀97%、亜鉛・錫3%

銀メダル:銀93%、同7%
両方とも銀は、強度を考えて純度100%でなく92.5%にしているとのこと。

金メダルには6gの金を金張りにしているそうです。

 

原価

金メダル:4万円〜5万円

銀メダル:2万円

銅メダル:300円

金銀と銅の違いが、すごいです。

 

  秋の夕日が金メダルなら冬の夕日は銀メダル?

 

銀という漢字には「金にならず銀に踏みとどまった金属」という意味もあるそうです。

語源としては、変わらない、さびないというところからきていると言われています。

 

お笑い界では、新人登竜のコンクールでは、銀メダルを取った方がその後人気が出ると言われているそうです。(オードリー、南海キャンディーズ、にゃんこスターなど)。

宇野選手も、今後の活躍が期待されます。

「石見『銀』山」も、これからの「活躍」を期待したいです。(A)

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本三大奇襲

先日研修旅行で宮島に行きました。

宮島は、日本三大奇襲と呼ばれる「厳島の戦い」があったところです。

この戦いで勝利し、中国地方平定を進めた毛利元就は、石見銀山もおさめ、これも厳島神社の神様のおかげと厳島神社大遷宮をおこないました。

 

        厳島神社大鳥居

 

日本三大奇襲は、江戸時代の歴史家頼山陽が「日本外史」で記したものです。

河越城の戦い

1546年 北条氏康が上杉憲政、上杉朝定、古川公方を破りました。

厳島の戦い

1555年 毛利元就が陶晴賢を破りました。

桶狭間の戦い

1560年 織田信長が今川義元を破りました。

いずれの戦いも少数の軍勢で大軍を破っています。

 

       毛利軍が越えた博奕尾

 

毛利軍は2千余で宮島の包が浦に上陸し山を越え、2万の陶軍の背後から奇襲をかけ、勝利を収めました。

今回、毛利軍の越えた山道を歩きましたが、とても急な傾斜の山でした。この山を、重い甲冑を付けて越えたのかと思うと感慨ひとしおでした。

5年後の織田信長の桶狭間の戦いは、もしかしたらこの厳島の戦いに学んでのことだたったのかと思ったりしました。

 

       陶晴賢の墓

 

帰りに、宮島の対岸の廿日市市にある陶晴賢のお墓にお参りしてきました。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 22:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
2017年 島根県内観光施設の観光客数発表

 島根県は2017年県内26ケ所の観光客数をこのほどまとめ発表しました。それによると県全体では前年比3.8%減で617万8616人でした。

 

好評だったのは出雲市の古代出雲歴史博物館で26万5250人、前年比7.6%増、要因として石見銀山10周年に係る特別展による集客力としています。国宝松江城は46万2950人で11.3%減でした。今年15年連続で日本一となった足立美術館は64万3163人、1.2%増でした。

 

 県西部、石見銀山の龍源寺間歩は10万5723人(大田市観光振興課調査)で前年比4.1%増で10周年による多彩な催し効果による増。三瓶自然館は11万5279人で同3.6%減、仁摩サンドミュージアムは4万2490人、同6,9%減でした。

宝の宝庫 昆布山谷地区

 

こうしてみると各地域において、催しやイベントが県・市レベルで積極的に行われている観光地に多くの観光客が訪れている傾向にあります。

 

 さて、大田市の観光客誘致で言えば今年は厳しい状況が予想されます。ですが待ちの姿勢ではいけません。個人のお客様は増加しているがツアーの観光客が大幅に減ってきている。今年は外国船も入港するとの動きもあります。楫野新市長は観光振興の観点から大田のシンボルである石見銀山の活用、大田市を代表とする貴重な観光資源である国立公園三瓶山の活用を積極的に取り組むと表明しています。つまり大田市観光振興課、大田市観光協会など関係団体の連携がカギを握っていると言えましょう。

三瓶山

人気の龍源寺間歩

 

当会はガイド活動を通じて観光客満足度向上に努力し、行政と連携し高齢者対策など石見銀山の抱える問題解決ににも努めなければなりません。一方で大田市は10年経過した石見銀山の景観改善にも一層力を入れ石見銀山遺跡の魅力発見に努める。さらに新たな観光コースの設定にも努力してほしい。三瓶山について、2020年に全国植樹祭の開催決定、そして三瓶にワイナリーの開業も予定されています。このような明るい材料を生かす取り組みを官民一体で取り組んでほしい。

 大田市には「海の幸あり、山の幸あり、豊かな自然あり」とよく耳にします。これら豊かな地域資源を生かすべく動きのある活動にして多くの観光客でにぎわう大田市を取り戻してほしいものだ。(S)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 02:26 | comments(1) | trackbacks(0) |
赤い屋根の風景

 山陰地方に住む私たちにとって、農村や町並みの石州赤瓦屋根の風景は当たり前になっています。ところが、旅行者の眼にはこの赤い屋根がとても新鮮に写るらしいのです。石見銀山の町並みの赤瓦の屋根が連なる風景は、文化的景観の代表的なものですね。お客さんには、「ヨーロッパのリスボンやプラハにも匹敵する赤屋根の景観」であるとガイドしています。「お前、リスボンやプラハに行ったことがあるのか?」という声が聞こえてきそうですが、そういう時には“写真で見た”という断りを入れています。

雪の似合う赤瓦(石州瓦)

 

国道9号線を下ると、しばらく赤瓦屋根の多い景色が続きますが、宅野の周辺にくると、瓦の色は突如としてほとんど黒になってしまいます。この辺りは昔から燻瓦(いぶしがわら)の産地だったことと関係するのかもしれません。昔、宅野と物資の交流が盛んだった頃の石見銀山の町並みの瓦の色も黒だったと聞いたことがあります。さて、宅野を過ぎると、瓦の色はまた赤が増え、石州瓦の産地である江津から益田にかけてほとんど赤色が続きます。さらに、9号線をたどり中国山地に入ると、やがて谷底に沈む津和野の町を上から眺めることになります。周辺の緑と調和した赤瓦の津和野の街があざやかで、思わず歓声を上げたくなります。県境を越え、山口市阿東町の高原地帯に入ると、 屋根のほとんどが赤瓦で構成され、その農村景観が何とも西洋的な景観に変わります。これが、木戸山峠のトンネルをくぐり、眼下に山口市がみえると屋根の色は雑多になります。

 

 本稿では、筆者のもっとも利用している国道沿線についてだけ述べましたが、あちこちに足を伸ばして屋根の色に焦点を当てた旅をしてみると面白いかもしれません。できれば、その土地土地に下車して、住んでいる人たちの話を伺いながら旅をしたいものです。赤い石州瓦の分布を探ることで、土地と土地を結ぶ陸運や海運などを通した昔からの経済的な繋がりだけでなく、文化的な交流の歴史がわかってくるかもしれません。ひょっとすると石州瓦経済・文化圏などというものがあるかもしれません(O)。

 

| ガイドつれづれ日誌 | 01:46 | comments(1) | trackbacks(0) |
鞆ヶ浦の港と街道

 2月の初め、馬路まちづくりセンター主催の「海から見た石見銀山〜鞆ヶ浦の港と街道〜」と題した講演会がありました。

 粉雪舞う肌寒い日でしたが、ダウンジャケットを着込んで出かけました。銀山発見直後に、銀鉱石を運んだ街道(鞆ヶ浦道L=8.2km)ということもあって、70名を超える方が聴講されました。講師先生は、お馴染みの石見銀山資料館の藤原雄高氏です。

 ガイドの会のメンバーも数人見かけました。

 

 筆者の地元でのこともあって、殆どの方が顔見知りの皆さんでした。参加者から、誰もが安全に実体験ができるように、鞆ヶ浦道の整備をして頂きたいなどの意見も出されました。

 

 石見銀山の発見から開発について書かれた古文書(銀山旧記)は、数多く残されています。

 その多くは銀が発見された後、しばらくして書かれたもので、最も古いものでも17世紀前半のものとの説明がありました。

 


 銀山旧記の一つには、大永6年(1526年)から天文2年(1533年)の数年間は、銀鏈(銀鉱石)をそのまま、鞆ヶ岩(鞆ヶ浦)や枯柳(古龍)の港まで運び船に乗せ、博多まで運んだとあります

 

 

 枯柳(古龍)・鞆ヶ岩(鞆ヶ浦)の千軒と言われる港町が、栄えた様子が絵図に残されています。

 かつての鞆ヶ浦道は、銀鉱石を牛馬で運ぶ人々や売買する商人、茶屋を営む人達が往来した生活路線だったことが想像されます。         文 責(T)                                                                                                             

 

続報 

 

福神山間歩付近の落石は、13日に片づけられました。

ありがとうございました。

落石防止のネットが、こういう状況ですので心配です。(A)       

 

 

 

 

 

                   

 

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/189PAGES | >>