<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
おてんば(USO情報)

 太陰太陽暦は明治5122日で終わり翌日は明治611日となりました。つまり、明治五年は123日〜1231日は存在しません。実は当初この年の11月は3031日としたのですが、小の月には3031日は存在しないので布告直後に取り消されたとか。皆さん戸惑ったのでしょうね。

お餅いつ搗くの?・明治五年

 また一説には、翌明治6年が閏年であったため13か月となり明治新政府は財政難で役人の給与が一か月多くなることも改暦の理由であったとか。それだけではなく明治5年の給与も12月が2日しかないので12月分は省略したそうです。つまり明治政府は役人の給与をこの改暦によって、都合2ヶ月分を節約したのです。太陰太陽暦では月の満ち欠けを基準にするので太陽暦より11日ばかり一年が短くなります。従ってほぼ3年に一度閏月を組み入れて季節のずれを修正したのです。

国家予算2ヶ月分助かっちゃった

中学生のころ英語の月を覚えるのに「ジャガイモ(January)食ってフェブラリー(February)マーチ(March)に誘われエイプリル(April)メイメイ(May)仔山羊がジュン(June)ジュライ(July)オラガー(August)のセフテンバー(September)オクトーバー(October)ノンベエ(November)はなかなかデッセンバー(December)と覚えたものですが・・・・

USO記事:実はこの後閏年には13月目の閏月があるので「閏はおまけのオーテンバー(Otember)」があったのです、何故かこの月生まれの女の子は男勝りになる事で活発な女の子の事を13月生まれつまり「おてんば娘」というようになりましたとさ”(銀)

おてんば娘

 

| チョコッと脱線 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
石見銀山USO情報P2

  石見銀山においでのお客様からの質問で多いのが「今でも銀はあるのですか?」です。結論から言えば「銀はあります」という事になります。ただし採算はとれません。鉱物資源はあるか無いかではなく、採算が取れるか取れないかなのです。つまり鉱山経営は市場との天秤ですから、物が有っても取り出すのにコストがかかり過ぎれば無いのと同じ事です。

龍源寺間歩

 例えば海水の中にも莫大な金銀が含まれていますが、100円分の貴金属を取り出すのに100円以上かかりますから、今のところ無いのと同じですよね。今後技術の向上でコストが100円以下になれば工業的に成り立つでしょう、それはまだまだ先の話ですが、そう遠くない時代、日本近海のレアメタルやメタンハイドレートはかなり期待できそうですね。1617世紀日本は世界の資源国でしたが再び有数の資源国になるのかな〜。

メタンハイドレート

 そんな中 龍源寺間歩公開部分の中に銀鉱石が露出している場所があるのです。何故採取されずに残っているのでしょうか?と逆にお客様に質問します。「えっ!何故ですか?」という答え、すかさず、「実はこれが石見銀山で働く人たちの優しいところなんですよ」「江戸時代の鉱夫さん皆で申し合わせしたそうです、ここだけは採るなよ、残しておこうよ」と、何故か?あのな、平成、令和の時代になったら沢山の人がここに来られるから、その時銀が全く無かったら気の毒だからな、ここだけはのこしておこうよね」というわけで残りました。

ただし 今のくだりは、音声ガイドでも、説明文にも出てきません、ガイドに付かれたお客さまだけの特権で〜す。お後がよろしいようで。(銀)

龍源寺間歩内の銀を含む鉱石

 

◎8月6日(火)

NHKラジオ「マイあさ!」

8月6日(火)NHKラジオ「マイあさ!【マイあさだより】」(5時17分ごろ〜5時25分ごろ)で、温泉津温泉や石見神楽が紹介される予定です。(A)

| チョコッと脱線 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
石見銀山USO情報

 俗に銀山百か寺と云われるほどかって石見銀山には多くのお寺が存在しました。同時に石見銀山には大勢の人々が生活し、最盛期には20万人いたとも云われていますがその真意は別として、シルバーラッシュの時代此処が一大都市であった事は否めません。天文8年(1539)石見銀山昆布山谷で豪雨による災害ではこの谷での死者は千二百名あったとのことです。1530年代と云えばまだ兵庫県の生野銀山、新潟の佐渡銀山等の銀山は開発されていない時期で日本の銀(イコール石見銀)はほぼ全数朝鮮半島を筆頭に海外へ流れていた時代です。この時期の朝鮮王朝は、ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」・11代「中宗」の時代です。大量の石見銀と引き換えに入ったのは木綿、16世紀後期には日本では木綿が急速に普及したのは石見銀山があったからなのですね。

宮廷女官チャングムの誓い

 大勢の人が暮らしていたという事は、大勢の人がこの地で亡くなったという事で、当時石見銀山では火葬だったのか土葬だったのかと聞かれることも少なくないです。石見銀山では土葬で埋葬されたとか、二十代半ばで呼吸器の病「よろけ」や「けだえ」となり30歳まで生きるのは長寿であったとも云われています。

「仙の山」の苔むした墓石群

生前しっかり身に付いた「銀堀(かなほり)」技術は、死後の世界でもその習性は抜けきれず、土葬で埋葬されてじっとしていることは出来ず、ついつい地中を掘り進んだとか、当然あちこちで鉢合わせ、「おう、勘蔵じゃないか」「甚造久しぶりだな」「以蔵の奴はどうしてるかな〜」「以蔵ならこの前会ったぞ、信蔵と一緒にいたぞ」「そっか、今度みんなで一緒にいっぱいやるか」と云う風にあちこちで旧友と巡り合い昔話に花が咲きます、そのうち定期的に仲間が集まって酒盛り、これを「土葬会」といって大いに盛り上がったとか。この「土葬会」が後後の「どそうかい・同窓会」の始まりになったとかならなかったとか、お後がよろしいようで。(銀)

 

 

| チョコッと脱線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スマホ大師

 大森町並みにある「栄泉寺」は「竜宮門」或は「水天門」と呼ばれる山門が特徴的です。宗派は「曹洞宗」で、芋殿様と親しまれる井戸平左衛門代官ゆかりのお寺とされています。

栄泉寺、山門

 このお寺で儀父の法要を行った際、旅の雲水「泰永」から薩摩芋の情報を得てこの地に薩摩芋を広めたという事です。山間部が多く米の少ない地域、という事は、少しの不作でも飢饉に陥るという弱い体質の石見地方を薩摩芋導入し、米の代替とする事で、飢饉に耐えられる地域に変えたという事です。おまけに薩摩芋は当時税の対象ではなかったのです。つまり、全数自分の取り分となります。これを、税の徴収役の代官が行ったことは、いかに井戸代官が民のため、民衆のための政治を行ったかがうかがえますね。後(明治年間)に神様として祀られました。因みに、井戸神社の鳥居に架かる扁額の文字は勝海舟の書とされています。

19番目の代官・井戸平左衛門を祀る井戸神社(右下は鳥居に架かる扁額)

 この寺の境内には、道場がありましたが今はその礎石だけが残っています。その道場跡に1躰の羅漢像があります。その石像私にはスマホを持っているように見えます。というわけで、密かに「スマホ大師」と名付けました。「ガイドが撮った写真展」にこの羅漢像出展しています(出店写真はアップで写しています)。大森町並みに来られた際はぜひ立ち寄ってご覧ください。そして忘れずにスマホ大師に清くなくても結構ですので一票お願いいたします(笑)。

道場跡の「スマホ大師」?(ガイドが撮った写真展ではUP写真です)

 また道場跡のそのすぐそばに得体の知れない石像があり過って異星人の雲水も立ち寄ったとか寄らなかったとかw。(銀)

宇宙人の雲水?(旅の修験僧・泰永さんってひょっとして宇宙人だったのかな?)

| チョコッと脱線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |