<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
研修旅行

先日、法政大学第二中学校から、「広島山陰研修旅行 2016」と言う本を送っていただきました。3年生の6泊7日の研修旅行の報告書です。研修旅行の報告書をこんな形で出版している学校があることにまず驚きました。

そして、この報告書の内容が素晴らしいのでまた驚きました。

平和教育と環境学習をメインにした恒例の九州研修旅行の予定が、熊本地震のために変更を余儀なくされ、急遽、同じテーマで広島山陰研修旅行となったということでした。

各研修内容の報告と35人の生徒さんの個人の報告などからなる223ページの本です。

「石見銀山」への来訪は、3日目で、龍源寺間歩コース中心の見学でした。

報告書では3班のみなさんが「石見から架かる銀橋」として報告しています。結論分を紹介します。

「歴史的にも世界を大きく動かした重要地点にして自然を生かしその遺産も生かされた石見銀山、自然の雄大な景色を眺めながらぜひ登ってみてはどうでしょうか」

担当された喜谷先生は次のようにも書かれています。(一部を抜粋)

「世界遺産に指定され、急に注目が集まった観光地には、どっと人がなだれ込み、往々にしてその場所は荒れる。しかし、石見銀山の環境は見事に保たれている。それは上記のような対策が講じられ、『持続可能な世界遺産』がその決定時から目指されていたからである。

往時の銀の採掘現場は、平均年齢30歳という劣悪な労働条件であった。世界にその名を轟かせた銀山の栄光の裏側には、そこに従事する民の苦しみがある。現在の当地の取り組みと合わせると、石見は新しい環境学習の可能性をも感じさせる場所であった。」

生徒さんたちの個人の報告は、初日、2日目の広島でのことを取り上げたものが多くあり、生徒さんたちが真剣に平和について学んだということが伝わり心強い思いがしました。

「石見銀山」についての感想を書かれたものの一部をいくつかをご紹介します。

○「その間歩はとても狭く私でも入りそうになかったのに大の大人が入って作業をしていたと考えると、当時の人が尊く感じた。このことをみなさんは知っていますかおそらく知らないだろう。それが何より悔しい。私の報告集で興味を持った方は訪れて見てはどうだ」

○「石見銀山はただの山だと思っていたが、かなりの歴史があり昔は金銀銅がとることができた山だということが分かった。ただそれだけでなく(中略)銀などを取る時に灰が体の中に入って肺が悪くならないよいうに、布の間に梅のすり潰したものをフィルターの代わりにして、昔の人はそれを防いでいたという資料だけではわからないことを理解することができた。」

■研修旅行の後で川崎平右衛門について調べたり、文化祭で無名異について発表したと書いた生徒さんもいました。

 

今年も、また来てもらいたいものだという思いを強くしました。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 06:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
今年は花の当たり年?

桜の花は終わりましたが、大森町は、今、花盛りです。

今年は、花の当たり年なのか、例年になく多くみられる花がいくつかあります。

イチリンソウ。大久保石見守墓所付近に多く見られます。

銀山に咲く花、ハクサンハタザオ。近年では一番たくさん咲いていて、銀山公園から龍源寺間歩までのいたるところに見られます。(草刈りで刈り取られないように願っています。)

山吹城跡ふもと付近のハナモモ。

豊栄神社付近。花の名前がわかりません。

 

このほかにも、ボケ、アケビ、ムラサキケマン、キケマンなどなども今が盛りです。

お客様には、花も楽しんでいただきたいと思います。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
町並みは、絶好のキャンバス !

  石見銀山のある大田市大森町の町並み地区は江戸時代、

鉱山で発展した町としての風情が残ります。

 

今年は、桜の開花が遅れ、しかも天気には恵まれません

でした。それでも一時の天気の回復した4月14日、岡山

から水彩画のグループがキャンバスに向かって鉛筆・絵

筆を走らせていました。


 

代官所跡周辺はこの時期、桜と菜の花そして銀山川との

景色がいいですね。いいポジションを狙っておられまし

た。仙ノ山をバックにした景色もいいですよね。

 

「春眠暁を覚えず」これは中国の詩人 孟浩然の句です。

陽気に恵まれた日は、つい眠くなってしまう。そんな意味

もありますよね。今、大森町街並み地区には、陽気に誘わ

れ多くのお客様の歩く姿がみられます。

 

まるで、キャンバスの登場人物かのような姿を思い浮か

べます。もうすぐ5月、大型連休、今年こそ天気に恵まれ

多くの観光客が大森町並み地区訪れてほしいです。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひさかたの光のどけき

    ひさかたの光のどけき春の日に(四月十日)ガイドしました。道すがらの大森小学校をはじめ所々にある桜が満開でした。お客さんの中に、福島県南相馬市から来られたAさんご夫婦がおられました。いろいろお話しを伺うと、Aさんは直接津波の被害をまぬがれたもののAさんの集落では2/3の家が津波で流され、さらにその二日後には原発の爆発事故で避難を余儀なくされたそうです。その避難先が放射能が濃厚に漂っていたあの飯舘村だったということでした。Aさんによると、福島県では避難解除区域がどんどん広がっていますが、若い人はほとんど帰らず、かろうじて帰ってくるのは高齢者だけだそうです。いまだに心の傷が癒えないAさんご夫婦のお話しを伺えば伺うほど、福島の状況の酷さが伝わってきました。

 最近、銀山公園の模型の前にユネスコの精神を謳ったモニュメントが立ちました。「……、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」。人類の平和と福祉を謳ったユネスコの精神はよくわかります。でも、平和のとりでなどと、おおげさに構えなくとも、さりげないお客さんとの会話のなかに、平和と安寧の世の中のありがたさをお客さんと共感する、それだけで十分ですよね。

 原発のある福島県の浜通り地方には、沢山の桜の名所があります。原発災害後、これらの桜の名所には、桜の季節になっても今だに人が訪れることもない桜も多くあることでしょう。絢爛と咲き誇り、散っていく桜のこころを思うと、何ともせつないですね。しづこころなく花の散るらむ。(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
お客様の相

 5月の連休を前に、銀山に来られるお客様の数も少し

ずつ多くなってきています。そして、この1,2年はツ

ァーで来られるお客様より、個人での来訪が多くなって

います。

 

 個人のお客様への対応として、ガイド時間90分のワ

ンコインガイド(500円/人・小中学生無料)を、町並

みコースと龍源寺間歩コースに限り実施しています。

 リニューアルされた「石見銀山ガイドの会」のホーム

ページにも詳細を載せておりますが、毎日1〜2回の定

時のワンコインガイドを公表して対応しています。

(なお、ホームページで公表はしておりませんが、定時

以外にもガイド事務所にガイドが待機していれば、その

都度、ワンコインガイドとして対応が可能です。)

 

 ワンコインガイドをご利用頂いて参加のお客様

 

 ワンコインガイドは、当日ガイド事務所で受付をされ

るだけでガイドと一緒に歩くことができます。

 ガイド中は、ご質問をお受けしながら、観光として楽

しんで頂けるガイドを心掛けていますので、ご利用下さ

ればと思います。

 

 お客様によっては、専門的なご質問も多くあります。

 金・銀・銅・鉛それぞれの製錬方法や、銀の山となっ

た仙ノ山の成立ちなどのこともお尋ねになります。

 数ある鉱山町に先駆けて、ここ石見銀山が世界遺産に

登録された経緯や、もし、登録抹消となるとしたらどん

なことが考えられるか等のユネスコ関連のご質問もあり

ます。

 

 最近は楽しむ観光だけでなく、文化財を学ぶことに重

点を置いた知る観光に、お客様の相が変わって来ている

ような気がします。         文責 (T)

 

 

(番外編)

 自然観察会の視察研修旅行で・・。(3月下旬)

 下関市の水族館「海響館」のイルカショウです。

 飛んでいる姿をタイミングよく撮れました。

 

 「海響館」の光線を吐くアザラシです。(^^♪(?)

 

 

                          ・

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
想像力を働かせる

ガイドになりたての頃、当時の石見銀山ガイドの会の会長だった西本先生からいろんなことを教えていただきましたが、そのうちの一つに「お客様の想像力を掻き立てるようなガイドを」ということがあります。

今見えている景色だけでなく、昔の風景を思い浮かべながら歩いていただければ、お客様の受け止め方も楽しみ方も変わってくるというように言われました。

昨年、大久保間歩ツアーに参加されたあるお客様が、アンケートに答える中で次のような感想を寄せられていました。

「ガイドさんの楽しく感情こもった語りは、参加者を往時にタイムスリップさせ、感動を呼び起こしてくれる。『さあ、みなさん!みなさんの目の前に映る風景を、廃墟としてみるのではなく、想像力を働かせて遠い昔、かつて繁栄していた頃を思い描いてみてください・・・』”感動しました!!”」(蛇足ですが、この時のガイドは筆者ではありません)

龍源寺間歩も、往時の人のふるったノミの音や、息遣いが聞こえるようなご案内ができればと思います。

 

当欄のコメントで、たびたび、どっと・かめさんから、厳しいご指摘もいただいていますが、それも、10年後、50年後等の世界遺産に対しての想像力の欠如に起因するところが大きいのではないかと思います。

硬化し続け、健忘の進み方だけがはやまっている脳の状態ながら、想像力を働かせなければいけないことがたくさんるように思います。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
健康ウオークを人気ツアーにしよう!

雷鳴とどろく(祝砲なのかしら・・・・)15日の早朝、大変な天気での幕開けとなりスタッフは参加者への連絡に奔走いたしました。

 

願いが届き、集合時間の午前9時頃には天気も回復し、続々と参加者が到着しました。

さっそく健康チェックからはじまりました。遠くは東京、広島、米子、松江、雲南市、そして地元からの参加者で20名定員いっぱいでの初陣スタート。嬉しかったですね。苦労が報われます。

健康チェック中

オリエンテーション中・・

 

健康チェック、オリエンテーション終了後、10時発の路線バスで世界遺産センターへ移動。そこからは大久保間歩ツアーへの参加となります。(この部は安立会長が担当・・既報済み)

 

  大久保間歩ツアーより引き継いで、釜屋間歩よりいよいよ健康ウオークスタートです。仙ノ山に着いたのは定刻の午後1時。筆者、仙ノ山で皆さんをお迎えいたしました。食事はヘルシーおにぎりで皆さん満足。そしてコーヒーの提供。よかったかな。

周辺ではビニールシートを敷き、燦燦と照らす太陽の光を浴びて充実感を感じられたようです。これが健康ウオークなんだと実感!

定刻に到着 仙ノ山

石銀地区を一周、当時、「この山が光ったんよ」と松島ガイドさん。集落跡はじめ1号間歩から4号間歩及び露頭堀跡などを紹介いたしました。参加の皆さん、「仙ノ山が光った当時のこの宝の山」にどんなに思いを馳せたか興味がわきましたが・・・

 

いよいよ佐毘売山神社目指して下山です。

筆者は荷物を片付けて下山。こんどは、佐毘売山神社まで「あるもの」を運ばねばなりません。忙しいです。

 

午後3時、定刻よりやや遅れて到着です。やはり下りは皆さんにとってはしんどかったことでしょう。ガイドさん、ゆっくりと誘導してくれて何もなくてよかったです。

大森君も頑張りました。

無事、下山に感謝して万歳

活力の提供 「甘酒」 好評でした。

 

全員で下山できたことに感謝して万歳三唱。山の神様に感謝です。

 

疲れを癒す「飲む点滴」で体に活力を入れていただきました。大変好評。我がチーム定番の「甘酒」の振る舞いです。元気だしてもらいました。

 

最後は、田平ガイドさんの「山野節」を聞いて下山いたしました。

足取りも軽く・・・

最終の健康チェック ストレス解消に効果 

今回の健康ウオーク、石見銀山世界遺産登録10周年事業としての取り組みでスタートしました。定員いっぱいでスタートできたことに関係者の努力には賞賛の拍手をしたいです。せめて朝のスタート時には、行政から激励の挨拶がほしかったな。参加してくれた皆様に感謝申し上げます。企画に尽力してくれた仲間に感謝、感謝。石見銀山の新しい商品として立派なイベントを成功させました。万歳、万歳 の気持ちです。

掲載の写真は、参加の皆様の許可をいただいています。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
健康ウォーク盛況

今日、4月16日は「となりのトトロ」が初めて公開された日ということです。

大森小学校の子どもたちが、「トトロのでてきそうな森」という妙正寺付近。

 

さて本題ですが、昨日(15日)石見銀山街道健康ウォークの第1回仙ノ山Aコースが行われました。

募集定員は15人でしたが、追加募集も加えた20人の参加者で行われました。

東京、広島、米子、松江、雲南など大田市以外の方も7人参加されました。

最初は、大久保間歩ツアーに参加されました。筆者は、この大久保間歩ツアーをご案内させていただきましたが、大田市の参加者のみなさんが多く、しかも大久保間歩は初めてという方がほとんどでしたのでうれしく思いました。

岩盤遺構からは、本格的に健康ウォークが始まりました。

担当したみなさんの話では、参加さたみなさんには大好評だったようです。

その場で、次回(5月20日)の鞆ヶ浦コースの参加を申し込まれた方もおられたということです。

 

こうした機会を通じて、世界遺産への関心を深めていただけるのはとてもうれしいことです。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニュース

その1 竹の割れる音

 

ここ2、3日龍源寺間歩に向かう途中、「パン」「ポン」というような音がよく聞こえました。「何の音ですか?」とお客様が聞かれました。気温が高くなったので、立ち枯れの竹の中の空気が膨張して、竹の割れる音ですとお話しすると、驚いておられました。「非日常」の体験が旅の醍醐味の一つで、こんなこともその一つなのだと思いました。

 

その2 タゴガエルの鳴き声

 

新切間歩や龍源寺間歩の入り口付近でタゴガエルの鳴き声が聞こえます。これも、お客様にとっては新鮮なようです。

 

その3 大森町情報(4月1日現在)

 

世帯数 190

人口  395人

小学校児童数 11人

保育園園児数 13人

 

小学生の数と保育園児の数が逆転しました。心強いのは、1〜2歳の園児8人もいること、さらに保育園の園児数は、今年度中にまだ増える予定だということです。

 

またニュースかと言われそうですが、少しでも来訪者が増えるような情報提供や、大森町についての理解を深めていただく情報提供も当欄の一つの役割かなと思っておりますのでご理解いただければと思います。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
石見銀山 みてあるき リニュアルされ効果のほどは

4月より2つのリニュアルされたものがあります。

一つは、当会ホームページ。トップページがいい。清水谷製錬所の紅梅がいいねぇ。会員より、リニュアルの要望の強かったホームページ。すばらしいものが出来上がった。作業に携わった役員に感謝いたします。すべての作業が終わっていません。これから徐々に修正していきます。多くの方がホームページにアクセスされることを期待したいです。

石見銀山ガイドの会ホームページ

 

二つ目は、石見銀山みてあるき ウオーキングマップです。以前はB4様式で街並み地区が大きく描かれていました。銀山地区は枠の中にあってみずらいものでした。今回は、用紙も大きくなりA3用紙横形式です。街並み地区から龍源寺間歩までの道のりがわかりやすく描かれていてとても見やすくなったと思います。

とても好評と伺っています。改訂作業された皆さんに敬意を表したいです。

新しく作成された「みてあるきマップ」A3用紙横型

従来の「みてあるきマップ」 B4用紙縦型

 

関係者の並々ならぬ努力にもかかわらず、今年1月から3月迄の間歩入場者は大幅に落ち込んでいます。石見銀山世界遺産登録10周年観光キャンペーンを繰り広げている中での石見銀山来訪者の伸び悩み、気になるところである。5月の大型連休を控え、早急な原因分析が必要ではなかろうか?。(S)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 01:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/258PAGES | >>